お客様の声
導入事例集 ショールームのご案内 スタッフ紹介 スタッフブログ

POSレジについて知ろう

会計を行う時に使用するレジには、主に電子レジスターとPOSレジの2種類があります。 ここでは、電子レジスターとPOSレジの違いや、POSレジの機能についてご説明します。


「POSシステム」とは?

POS(point of sales)システムとは、店舗で販売する商品の販売情報を記録し、集計したデータをマーケティング材料に活用するシステムのことで、日本語で「販売時点情報管理システム」と言います。

レジの誤操作や従業員の不正を防ぐ目的で作られたこのPOSシステムは、アメリカ合衆国で開発され、1970年の中頃に日本での導入が開始されました。

現在では、小売業や外食業などを中心に、幅広く使用されているシステムとなっています。


機能がシンプル!「電子レジスター」とは

電子レジスターの機能は「商品の販売額を計算し、記録すること」と、非常にシンプル。 商品の売り上げ情報をジャーナル(会計)に印字し、内部の計算機に一定期間の売り上げを記録することができます。

機能としては、レシート(売り上げ明細書)を発行する機能や、どの商品がどれくらい売れたかを印字できるレポート機能、部門管理機能、単品管理機能、釣銭計算機能、自動釣銭機能、割引・割増機能などが備わっています。

価格はリーズナブルで、安いものだと1万円程度。家電量販店などでも販売しているため、比較的手軽に購入することができます。


「POSレジ」の機能を一部ご紹介

POSレジは、電子レジスターの機能に加えて、商品ごとの管理、顧客管理、売り上げげデータ分析システムとの連動など、さまざまな機能が搭載されています。ここではその中の一部をご紹介します。

・販売管理
POSレジには販売実績情報を収集できる機能が備わっており、お客様の最新の傾向を掴むことができます。
「どの商品」が「どれ位売れているのか」など集計した販売情報(商品名、数量、価格など)を基に、売り上げアップに繋がる店舗の改善策を練ることができるので、店舗運営に反映できるというメリットがあります。

・在庫管理
また、システム上で常に在庫数を確認することができるので、在庫管理の精度が上がり、過剰仕入れや、人気商品が品切れになってしまうなどの販売機会の損失を防ぐことができます。


まだある! POSレジのメリット

・入力操作が簡単
電子レジスターでは商品金額や個数をテンキーで入力する必要がありますが、POSレジでは商品登録によるタッチパネル操作や、商品バーコードの読み取りができます。そのため、レジにかける時間が短縮され、お客様の待ち時間を減らして接客業務に時間をかけることができるので、サービス向上にも繋がります。また、テンキー入力に比べて操作が簡単なことから、入力ミスを減らすことも期待できます。

・クレジットカード決済機能が備わっている
通常の電子レジですと、クレジットカードリーダーがついておらず、レジとは別にカードリーダーを設置する必要がありますが、POSレジでは、レジ本体でクレジットカード決済ができます。

一般社団法人日本クレジット協会の調査(平成25年3月末発行枚数)によると、成人1人あたり3.1枚のクレジットカードを所有しているというデータが発表されており、クレジットカードを日常的に活用されているということが考えられます。クレジットカードを所有している人は、現金を多く持ち歩かないことも多いので、クレジットカードが使用できないことで、購入機会の損失につながってしまう可能性が高くなります。 このような購入機会の損失を防ぐためには、クレジットカード機能は必要だと言えます。

POSレジには、電子レジスターにはないさまざまなメリットがあります。売り上げの計算だけでなく、今後の店舗運営に活かせる機能が多くあるので、レジを導入しようと考えている方は、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

前の記事をみる コラム一覧に戻る 次の記事をみる
無料デモのお申込み お問い合わせ・資料請求


トップへ戻る