お客様の声
導入事例集 選ばれる理由 ショールームのご案内 スタッフ紹介 スタッフブログ

POSシステム導入の際に検討したいオプションとは

2017年11月30日


こんにちは。
いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
サポート担当の林です。

 

突然ですが、店舗営業の事業主がPOSシステムの導入を検討するのはなぜでしょうか。

 

 

業務の効率化を図る。あるいはビッグデータを活用する。
動機は業態や店舗ごとに様々あるかと思います。

 

POSシステムは、それ自体が幅広い場面で活用できる機能を有しています。
それだけで十分な場合もありますが、その一方で、
POSシステムに付随するさまざまなオプションを加えることで、
より有効にPOSレジを活用する事業主も増えてきました。

 

例えば、在庫管理をするためのハンディターミナル。
小売店など、在庫を多く抱えるような業態の店舗では、
棚卸用ハンディを導入することで、業務効率をぐっと高めることができます。

 

在庫管理は、小売店にとっては生命線とも言える業務のひとつです。
在庫管理が行き届いている店舗では、在庫を最適なタイミングで補充し、
いつでもお客さまのニーズに応えることができるようになるためです。
こうしたハンディターミナルは技術の進化とともに軽量化も進んでいるので、
女性が活躍するアパレルなどの業態の店舗でも手軽に利用することができます。

 

あるいは、OES(オーダーエントリーシステム)。
OESは、飲食店などが利用するオプションです。
このオプションを導入すると、オーダーを打ち込むタイミングで
登録されている商品情報と注文内容を紐づけてシステムへ登録し、
posシステムと連動させています。
そのため、注文から会計へのオペレーションをスムーズに
移行させることができるため、大幅に工数を減らすことができるのです。

 

 

店舗の業態に合ったオプションを利用することで、
POSシステムをさらに有効に活用することができるようになります。
EasyPOSグループでは、デモ機の環境もご用意しております。
もし製品を実際に使用してみたいという方はぜひご一報ください。

 

たくさんのお問い合わせをお待ちしております!
https://www.easypos.jp/contact/


前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



無料デモのお申込み お問い合わせ・資料請求


/var/www/vhosts/easypos.jp/httpdocs/blog